お知らせ

2018.03.26 助成情報【ひょうご安全の日推進県民会議事務局より2件】

【ひょうご安全の日推進県民会議】より下記の助成金のご案内がありました。

「ひょうご防災減災推進条例」に基づき、地域団体など県民の皆様による阪神・淡路大震災の経験と教訓を継承し、安全・安心
な社会づくりを推進するために、日々の生活の中で防災減災に取り組む「災害文化」を広める事業を支援します。

この助成は、下記の団体が対象となります。
①全県事業・地域事業
 助成対象団体:NPO、ボランティア団体、実行委員会、学生団体など
 事業実施時期:第2期・・・平成30年8月~11月
        第3期・・・平成30年12月~平成31年3月

 対象事業:一般県民を対象として、次のいずれかの目的で実施される講演会、シンポジウム、啓発イベント等
      ①震災で学んだ教訓を継承・発信する事業
      ②災害への備えや対応について実践・発信する事業
      ③復興の過程で積み上げた経験を継承・発信する事業
      ④犠牲者を追悼し震災をおもい起す事業
      ⑤震災以後の国内外の災害の教訓を共有・発信する事業
      ⑥その他ひょうご安全の日推進事業としてふさわしいもの

 申請期限:第2期:平成30年6月1日~15日  第3期:平成30年9月14日~28日

②実践活動事業
 助成対象団体:地域団体、学生グループ、学校、企業・事業所
 対象事業:次なる災害に備える実践的な防災訓練、防災学習(防災教育施設への見学を含む)
      例:防災訓練、救命講習会、防災講演会、防災体験セミナー、災害図上訓練、避難所運営訓練
        災害対策ゲーム(クロスロード)の実施、地域と学校が連携した防災まちあるきハザード
        マップづくり 等
 申請期限:事業開始月の前月5日まで

 詳しい内容はひょうご安全の日推進県民会議のホームページでご確認ください。